昨日、Bleague選手動向のスプレッドシートに「Stats評価」という項目を作ってみました。

これは、今シーズンの選手スタッツを指数化し、ランク付けをした値になります。

評価対象は、スタッツ各種(RBD、FT%、TOV、3P成功数100超等)や出場時間やスターター数など多岐に渡りますが、出場時間以外の数字については「Per30(選手が30分出場したと仮定した場合のスタッツ)」での評価となります。
よって、出場時間数の短い選手については異常値が出ることもあるため、一定の出場時間を満たしていない選手は評価外としています。 

ランクはS1〜F3までの21段階に分かれるようになっています。

シーズン途中にテストをしていましたが、傾向としては「外国人が多いポジション」については日本人選手の評価が落ちやすくなっています(当たり前なのですが・・・)。
それと、 出場時間が短い割に評価の高い選手も少なからずいます。これは、出場時間が短いなりに「良い数字を残した」という事になります。

ランク付けなので、異論反論等色々ある気もしますが、参考値ということでご了承くださいませ。